• 横になっているカップル
  • 多様な薬
  • 困っている男性
公開履歴
多様な薬と薬のケース

勃起不全は大きく分けてメンタル面が原因となる心因性の物と、身体的不調が原因となる器質性の物に分けることが出来ます。
これら二つはどちらも勃起不全が引き起こされるという結果自体は同様ですが、しかしながら原因が異なる以上は必要な治療も異なるとして考えなくてはなりません。
まずメンタル面が原因となる心因性勃起不全の場合ですが、ここで必要になるのはカウンセリングや抗うつ剤・抗不安剤といったような投薬による治療でしょう。
肉体的な問題が発生しているわけではありませんから、原因となっている精神的な不調を取り除いてしまえば勃起不全は自然と良解消されていくようになるわけです。
対して器質性勃起不全の場合ですが、これは主に高血圧や糖尿病と言ったような病気のシグナルとして勃起不全が生じるケースがかなり多く見受けられます。
高血圧の場合は陰茎部の血管に動脈硬化が発生して血流が阻害される、糖尿病の場合は血管が高血糖にさらされ続けることによって陰茎海綿体に分布する神経に不調が発生するのが原因とそれぞれに違いがありますが、高血圧患者の場合は6割、糖尿病患者の場合は8割ほどが勃起不全を抱えているとされていますので原因としては無視することが出来ません。
さて、これらの原因の違いがどういったことで重要なのかと言うと、これは言わずもがな治療の方針に違いが出ることでしょう。
心因性の場合は先ほど触れたようにカウンセリングや抗うつ剤・抗不安剤の処方、器質性の場合はそれぞれの不調の原因に応じた生活改善や降圧剤、インシュリンなど必要な医薬品の投与による治療が必要になるでしょう。
勃起不全の治療は原因を特定せずに始めても効果が期待できませんから、必ず専門医の診察を受けるようにしてください。
診察を受ける前に、バイアグラやレビトラが手に入る病院を探す方がより効率が良いでしょう。
勃起不全の治療は短期間では解決しないので、薬を安く入手したい方もいるかと思います。
勃起不全の薬はネット販売で簡単に購入できるので安価に手に入れたい方はお勧めです。
有名なバイアグラジェネリックのカマグラなども売っているので効果を知りたい場合はまずジェネリックで安く購入するという手もあります。